(株)スタートライン 

全新着物件数
一般公開物件数

最終物件更新日


お問い合わせ 会社概要
 -----錦糸町駅・亀戸駅・両国駅の中古マンションのことなら、物件情報No.1のスタートラインへ!ご売却もスタートラインへ 仲介手数料半額でやります!-----



すべてスタートラインに
お任せください!


1.売却相談・査定フォーム送信


お客様からいただいた不動産や
マンションの物件情報をもとに、
簡易価格査定をお知らせいたします。



2.物件の調査・査定

スタートラインのスタッフが実際に
不動産やマンションを確認して、
より正確な査定価格を算出します。

3.売却価格の決定

お客様の希望価格や、スタートラインの
査定価格、市場動向などを考慮し、
ご相談のうえ販売価格を決定します。
もちろん第一優先はあくまでも
お客様のご希望です!


4.媒介契約の締結

ご売却する諸条件が決まりましたら、
スタートラインと「媒介契約」を
締結していただきます。

媒介契約の種類


5.販売開始

速やかに物件情報を不動産流通機構
(レインズ)およびホームページ
その他ポータルサイトに登録し、
幅広く買主様を探します!


6.売買契約の締結

購入希望のお客様が確定しましたら、
売買契約を締結します。


7.各種お手続きの準備

住宅ローンの残債などがある場合は、
返済の準備を行います。
スタートラインのスタッフが
必要な手続きをご案内いたします。


8.残金決済・お引渡し

買主様から残代金を受領すると
同時に物件の引き渡しを行います。
住宅ローンの残債などもここで完済します。


売却時の諸費用

 
不動産リンク集|さらなりドットネット
カウンター
 

 仲介(一般的)の場合



不動産業者は「不動産を売りたい」という売主を「不動産を買いたい」という買主に紹介をします。

不動産業者に売却・購入の仲介を依頼する場合はそれぞれ媒介契約を結びます。 媒介契約は、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類があり、いずれかを依頼主(お客様)が選択することができ、それぞれに特徴があります。
どの種類の媒介契約を選択するかは、売却方針を踏まえて、選ぶようにしましょう。

 

 「先買い」と「先売り」について



住み替えをする場合は、先に次の住居を購入してから現在の住居を売却するケースが「先買い」です。それに対して、先に現在の住居を売却してから新居を購入するケースが「先売り」です。
どちらが良いかはお客様それぞれのご事情により異なるため、弊社スタッフがご希望を伺い、お客様にとってベストなご提案をさせていただきます。

 

 住み替えの時の「先買い」と「先売り」は何が違うの?



『先買い』は住宅ローンを完済されているなど、残債務がない場合におすすめ致します。購入したい物件が先に決まると、仮住まいなどの無駄な費用の発生がなくなり引越もスムーズです。じっくりと希望条件にあった物件を探すことができますが、 ローンを完済していない場合は、一時的な二重ローンの支払いも想定されます。
『先売り』は手元に残る資金が確定しますので、資金計画が立てやすくなります。引渡しまでに新居が決まっていないと仮住まいをしなければなりません。

 
     
     
 


   
 
   
     
 
   
 
 

 
 
   
     
このページの先頭へ  
Copyright(C) All rights Reserved by 株式会社スタートライン
東京都墨田区江東橋4-30-14